お宝保険の活用法~個人年金保険を増額して手堅く老後資金を貯める~【今月のHappy*コラム】

【Happy*コラム】では、あなたの暮らしにハッピーをもたらすそんなコラムを目指しています。不定期更新ですが、知っ得、納得な「お金」にまつわるマメ知識をご紹介していきます。
どうぞお楽しみに♪

お宝保険の活用法
~個人年金保険を増額して手堅く老後資金を貯める~

プロフ画像こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原政子です。

マイナス金利となりますます低下する預金金利。
約款しだいではありますが、高い予定金利で「お宝保険」と呼ばれる貯蓄性の高い生命保険を使った資産運用方法があります。

生命保険の加入時期がキーポイントです。
バブル期前後に社会人となり、個人年金保険に入ったという方は一読をおススメします!

■「お宝保険」の意外な活用法

時間外に一度ATMから引き出した手数料で1年間の利息がパー!?
長引く低金利時代。

「預貯金だけでいいのか」
「資産運用をはじめるべきか」
今後の資産形成について悩んでいる人も多いかもしれません。

投資には一定の知識が必要ですが、簡単に老後資金を増やす方策として「お宝保険」の個人年金保険が役に立つかも知れません。
30年ほど前の予定利率が高い時代に個人年金に加入した人は、【受取年金額の増額ができるか】確認してみましょう。

「お宝保険」とは、予定利率が5%台の貯蓄性のある生命保険のこと。
1990年代前後に契約した個人年金保険も該当します。

同じ保険料であれば、予定利率が高いほど将来受け取る年金額は増えます。
一例ですが、予定利率5.5%で個人年金保険に加入した場合、総支払い保険料の2倍近くの年金を受け取る契約もあります。

予定利率はかなり前に1%を切っています。
「あの時、年金額をもっと増やしておけばよかった!」そう思った人は少なくはないはず。

保険会社によっては増額の取扱いがない場合もありますが、もし約款に「年金額を増額できる」旨があれば、今から個人年金保険の年金額を増額することが可能です(保険料も上がりますが)。
※増額できる年金額に上限があり、希望通り増やせないこともあります。

生命保険は加入時の予定利率に紐づいてさまざまな数字が決められます。
年金額が増額できれば、高い予定利率を活かして割りよく将来の年金額が増やせます。
保険会社に一度問い合わせてみてはいかがでしょうか?

■個人年金保険の増額のメリット・デメリット

個人年金保険の年金額を増額するメリットは、前項で述べたように、資産運用など自らリスクを取ってお金を増やさなくても利回りよく年金額を増やせること。

デメリットとしては、生命保険会社が破綻したときの引き下げリスクでが考えられます。
予定利率が引き下げられ、約束された年金額が減らされてしまう可能性があるということです。

年金を受け取る際には、「その年の所得」に留意する必要があります。
毎年の受取年金は雑所得で公的年金もまた雑所得です。
双方の所得から所得税率が上がる、健康保険の保険料負担が増える可能性があるのです。

健康上の課題もあります。
年金額の増額契約には、あらためて健康状態を告知する必要があるからです。

とは言え、投資知識の必要がなく、一度手続きするだけの手軽さは魅力です。

手堅く老後資金を増やせる、予定利率を活かしたお宝保険の活用法。
保険料を増やす余力がある人にとって検討の余地はあるのではないでしょうか。

無料ガイダンスのご案内【所要時間:30分】

短時間ですが、私自身を知っていただき、安心して家計相談をお申込みいただくための無料ガイダンスです。
【対象:はじめてご利用の方】

直接お会いして話すことで、コラムなどでは感じられない、家計相談のイメージがわくため、安心納得していただけると思います。

■ ファイナンシャルプランナーってどんな人?
■ 今悩んでいることにアドバイスをしてくれそうか?
■ こんな漠然とした状態で相談してもいいの?
■ 安心して継続フォローを受けていけそうか?

こんな疑問がありましたら、お気軽に無料ガイダンスにお越しください。