【再就職をめざすママにオススメ】失業給付の受給期間の延長手続

プロフ画像

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原政子です。

お仕事によっては、妊娠や出産を契機に仕事を退職せざるを得ない場合もあります。しかし、いったん退職はするものの「いずれまた仕事に復帰したい!」とお考えの人もいらっしゃることでしょう。
そんな時、雇用保険加入が無駄にならないよう、こんな手続きをしておくといいと思います。

■雇用保険は失業したときの強い味方

「失業給付(基本手当)」と言えば、おわかりになりますよね。

失業給付(基本手当)を受給できる期間は、通常は退職した日の翌日から<1年以内>です。待期期間がある人は、けっこう期間限定モノであることに注意が必要です。

そもそも失業給付がもらえる人とは、「働く意思と能力がある人」です。
しかし、妊娠中や出産直後のママは、状況的に働ける状態にはなく、かといって子育てが落ち着く頃には受給期間の1年を過ぎ、“失業給付を受けずじまい”となる可能性大です。

失業給付を受けながらの再就職と自腹就活とでは、生活の余裕度がまったく異なります。

できれば、仕事探しの軍資金として余さず活用したいところですよね~。

そこで、この延長制度が役立ちます! これは、

「今はダメだけど、落ち着いたら職探しをするので
受給期間をしばらく先延ばししてくれませんか?」

というお願いをハローワークに出すことで、出産して託児の算段をした後に失業給付を受けつつ、じっくり仕事を探すことができるようになるのです(体調などで本人が窓口に行けない事情がある場合、代理の方でも申請できます)。

私自身は妊娠当時は内装管理の仕事をしていたので、こんな知識ありませんでしたが…(苦笑)

■失業給付の延長手続きについて

カンタンに要点をまとめておきますね。

●こんなママに…
妊娠・出産のために退職した人
(今は働けないけど、落ち着いたら再就職したいママにおすすめです)

手続きするメリットは?

受給期間を最長で<4年間(本来の期間1年+延長3年)>に延ばすことができます。

※開始日が後ずれするだけで、定められた手当の受給日数は「変わりません」!

いつまでに行うべき?

退職した翌日から30日経過後の、さらに翌日から1か月以内。(ひと月経過後でも手続き自体はできますが、手続きを延ばすと、それだけ延長期間は短くなってしまいソンです。)

延長手続きの詳細は下記をご覧いただくか、直接、住所地を管轄するハローワークにお問合せください。

受給期間の延長 (大阪労働局HP:制度概要がわかりやすいです)

雇用保険などに限らず、知らなきゃ損な制度はいろいろあります。
妊娠・育休時は、お子様と過ごす貴重な時間ですが、次のキャリアへの準備期間としても活用してくださいね。

***
女性のキャリアも倦まず焦らず、ぜひ続けていきましょう!

年間プラン無料ガイダンスのご案内【所要時間:30分】

短時間ですが、私自身を知っていただき、安心して「年間プラン(家計見守りプラン)」にお申込みいただくための無料ガイダンスです。
【対象:はじめてご利用の方】

直接お会いして話すことで、コラムなどでは感じられない、家計相談のイメージがわくため、安心納得していただけると思います。

■ ファイナンシャルプランナーってどんな人?
■ 今悩んでいることにアドバイスをしてくれそうか?
■ こんな漠然とした状態で相談してもいいの?
■ 安心して継続フォローを受けていけそうか?

こんな疑問がありましたら、無料ガイダンスにお越しください。
※毎月先着3組様限りで実施中※