気づいたら「育児貧乏」に…!? 無駄遣い夫婦の特徴と対策3つ【It Mama様】

プロフ画像こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原政子です。

It Mama様にてマネーコラムが公開されましたので、ご紹介させていただきます。

DINKS・プレママ世帯と子育て世帯では、おむつや粉ミルクなど買うものも変わり、教育費など必要な将来への備えも変化します。家計管理を今から引き締めないと、出産後のイベント出費などで貯蓄が10万円減り、20万円減り…となる可能性も少なくありません。

頑張っているのに、家計赤字がなかなか解消できない!

お金を貯められない(どころか、預金残高かが減ってきている)!!

住居費(家賃/住宅ローン)や教育費負担が高くなく、生活費やりくりもできているはずなのに、なかなか「預金残高が増えない」ご家庭で起こっていること。

それは、ご夫婦のプライベート支出へのチェックがない(甘い)ことから起こる<パートナーに隠れて使っている支出>に問題があり、その結果、家計収支が大きくマイナスに傾いているのかもしれません。

出産までに家計改善を実践すべき理由とともに、どのようなカップルに起こりやすいのか。
また、どんな対策が考えられるのか。そのあたりをまとめています。

「なんだか読むのが怖い…」そんなあなたに読んでほしいコラムです。

記事キャプチャ|気づいたら「育児貧乏」に…!? 無駄遣い夫婦の特徴と対策3つ

※画面をクリックするとコラムページに移動します

※コラム執筆やコンテンツ制作に関するお問合せはこちら

***

家計簿をつけなくても、家計収支が赤字か黒字かわかる方法もあります。
固定費から変動費へ。
家計改善のためにやるべきこと、行動すべき順番などもご家庭それぞれに個別にみていきます。

むしろ問題なのは、ご夫婦でじっくり家計のことを話し合えない時、誰に相談すればいいのか…。
ではないでしょうか。

家計相談では単に家計節約や無駄の発見だけでなく、大切にしたい家族の笑顔、幸せのために「今真っ先にすべきこと」「本当はわかっているけど、行動できない部分」をあなたと一緒に考えていきます。
無料ガイダンスもありますので、気軽にご連絡くださいね。

無料ガイダンスのご案内【所要時間:30分】

短時間ですが、私自身を知っていただき、安心して家計相談をお申込みいただくための無料ガイダンスです。
【対象:はじめてご利用の方】

直接お会いして話すことで、コラムなどでは感じられない、家計相談のイメージがわくため、安心納得していただけると思います。

■ ファイナンシャルプランナーってどんな人?
■ 今悩んでいることにアドバイスをしてくれそうか?
■ こんな漠然とした状態で相談してもいいの?
■ 安心して継続フォローを受けていけそうか?

こんな疑問がありましたら、無料ガイダンスにお越しください。
※毎月先着3組様限りで実施中※