“貯蓄がない人”ほど真剣に考えないとヤバい!「最低限必要な保険」をFPが指南【ハピママ様】

プロフ画像こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原政子です。

ハピママ様にてマネーコラムが公開されましたので、ご紹介させていただきます。

家計収支が厳しい若い世帯ほど、生命保険の保険料の負担感はぐっと高まります。
しかし、生命保険本来の役割は、<貯蓄でカバーできないトラブルへの備え>です。

お子さんが生まれたときが、もっとも保障の必要な時期。
一家の大黒柱である世帯主の死亡保障から優先して備えることをおススメします。

健康である、タバコを吸わないなどで割安な保障を得られるかもしれません。
あるいは、知らなかっただけで勤め先の共助である「団体保険(グループ保険)」があるかもしれません。

下記記事のように、シンプルな保障を少ない掛金でカバーできる「共済」を選択肢に加えてみてください。
家計の許す範囲でいいので、まずは「行動」を起こしてみましょう。

記事キャプチャ

※画面をクリックするとコラムページに移動します

コラム執筆やコンテンツ制作に関するお問合せはこちら

***
年代や家族構成によって、備えの優先順位は変わります。
家計相談では単に家計節約や無駄の発見だけでなく、大切にしたい家族の笑顔、幸せのために「今真っ先にすべきこと」をあなたと一緒に考えていきます。無料ガイダンスもありますので、気軽にご連絡くださいね。

年間プラン無料ガイダンスのご案内【所要時間:30分】

短時間ですが、私自身を知っていただき、安心して「年間プラン(家計見守りプラン)」にお申込みいただくための無料ガイダンスです。
【対象:はじめてご利用の方】

直接お会いして話すことで、コラムなどでは感じられない、家計相談のイメージがわくため、安心納得していただけると思います。

■ ファイナンシャルプランナーってどんな人?
■ 今悩んでいることにアドバイスをしてくれそうか?
■ こんな漠然とした状態で相談してもいいの?
■ 安心して継続フォローを受けていけそうか?

こんな疑問がありましたら、無料ガイダンスにお越しください。
※毎月先着3組様限りで実施中※