国立大学の授業料は30年間でこれほど上昇したんですね!【稼ぎ力・やりくり力・貯蓄力がつくラクラク家計術】

プロフ画像こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原政子です。

メルマガバックナンバーをお届けします。

【1月28日号】=>メルマガは購読無料です。ご登録はこちら

「8」のつく日にお届け!
━━━━━━━━━━━━━━━━
稼ぎ力・やりくり力・貯蓄力がつく
ラクラク家計術
━━━━━━━━━━━━━━━━
※配信不要の方は末尾をご覧ください。

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原です。

入試シーズン、真っ只中ですね。
東京都ではインフルエンザ警報が発令されました。
私も都内に出かけるときは、
マスクに手洗い・うがいなど
いつも以上に感染予防に気づかう日々です。

▽インフル猛威、3千施設で学級閉鎖 東京都は流行警報
http://www.asahi.com/articles/ASK1W5FDYK1WULBJ01W.html

○○さん、
くれぐれもお体には気をつけてくださいね^^

さて、本日は休日のデータ研究も兼ねて
多くのご家庭で教育費のピークとなる
「大学進学費用」がテーマです。

ではさっそく、文部科学省の資料から
「大学進学費用」をいくつかチェックしていきましょう!

■大学授業料は、過去30年間で物価指数と比べて大きく上昇

少しドキドキするタイトルですが、
過去から現在をまず俯瞰していきます。

国立大学の例ですが、
(昭和50年)
入学料:5.0万円
授業料:3.6万円
↓ ↓ ↓
(平成27年)
入学料:28.2万円
授業料:53.58万円 ※標準額

別の資料では、過去30年間で
消費者物価指数が2倍になったのに対し、
国立大学授業料は15倍に、
私立大学授業料は4.5倍になった、との見出しが!

国立大学の独立法人化や、学生数の減少などが
関係しているのかもしれません。

私たち親世代が抱く授業料イメージとはかけ離れ、
国立大学の進学費用の上昇が著しいですね。

■給付型奨学金が平成29年度からスタート!

家計収入に占める教育費負担の上昇からすると
やや遅まきながら、といった感じがしますが
いよいよ来年、平成29年度から
国の給付型奨学金制度が一部はじまります。

電話相談窓口もすでに設置されているので
気になる方は日本学生支援機構HPのリリースを
チェックしてみてくださいね。

▽(日本学生支援機構)
新たな奨学金制度に関する相談窓口の設置について
http://www.jasso.go.jp/about/information/press/1242561_3557.html

平成29年度は3千人弱、本実施となる翌30年度からは
約2万人が対象となる見込みだそうです。

給付型奨学金制度はそもそも
所得格差が教育格差につながらないよう実施される、
低所得者層向けの制度です。

世帯収入が高いご家庭では、
高校の進学費用も含めて
計画的な資金準備がますます必要になります。

■どうやって貯める?いくらを目標にすればいい?

教育費は、老後資金とは違い
「いつまでに」「いくら必要か」
を予測しやすいお金です。

私の家計相談にお越しいただく方は
まだお子さんが小さいご家庭が多く
お子さんの進学イメージもつかみにくいと思うのですが

たとえば、
「国立4大の4年分の授業料は高3までに貯めておこう!」
とか、
「私立4大初年度分はせめて貯蓄から出せるようにしたい」
など、具体的な目標を持つと貯めやすいです。

貯める方法についてですが、
こちら、学資保険加入のご相談が多いのですが、
保険は途中解約による元本割れリスクがあるので
ひとつの手段ではなく、たとえばですが

児童手当の定期積立、ジュニアNISA・・・

など、将来の家計収支の変化に合わせ
止めたり、減額したりしやすい貯め方も入れた
複数手段で貯めていくことをおすすめします。

※投資を含めた貯め方が適切かどうかは、
子の年齢と世帯収入・資産、投資知識の有無によるので
すべてのご家庭向きとは言えないことにご注意を!

☆進学費用コラムのご紹介☆
▽七・五・三で準備する教育費
https://hoken.rakuten.co.jp/news/article/528/

▽医療職を目指すご家庭に知って欲しい修学資金貸与制度
https://hoken.rakuten.co.jp/news/article/515/

■最近のブログより人気記事をご紹介♪

2017-01-26
先取りはふるさと納税でも有効です

2017-01-24
袋分け家計簿より便利!?
○○カレンダーで予算管理

2017-01-20
【お客さまの声】
お会いして第一印象で「あっ、大丈夫だな」と

3~4分あれば読み終えることができます。
よかったらお手すきのときにご覧くださいね。
http://ameblo.jp/masaebi/

■お知らせ
~2017年2月1日からの新メニュー
相談回数券のかしこい使い方~

家計相談ご案内リーフ(PDF形式)は、HPからご覧いただけます。
http://mplan.info/menu

●家計の収支をしっかり把握したい方におススメ♪
——-
相談回数券<2回券>

キャッシュフロー表作成(オプション)
————
面談1日目:
現状の家計収支を確認したり、今後必要になる
住宅購入資金や教育費の貯め方、
フリーランスの方向けの老後資金の貯め方など
今後の暮らし方についてご要望をうかがう時間に。

★海老原担当★
現状の家計収支のままのキャッシュフロー表と
面談でのお話をもとに収支改善提案込みで構成した
キャッシュフロー表を「こつこつ」作成!

面談2日目:
キャッシュフロー表をもとに
支出をどう下げるか、
収入アップがどこで効いてくるかなど
将来のなりたい暮らしをイメージする時間に。

┏★┓ここまで読んでくれて「ありがとう」
┣╋┫♪家計お役立ちシート
┗┻┛ プレゼントコーナー♪

年末~1月は『ゆめ未来年表2017(3年版)』です。
こちらからお受け取りください!
▽ダウンロードURL
http://

※ご自身で加工しやすいようエクセルファイル形式にしてあります。
PDF形式でほしい方はお手数ですがメールでご連絡ください。

◎「いいこと教えてもらったわ~~。
お友だちにもこのメルマガを教えてあげたいな♪」
と思っていただけたらとても嬉しいです。

「末尾にメルマガ登録リンクがあるからね^^」
とお友だちにこのメールをそのまま転送でOKです!

◎残念ながらメルマガが不要な方は
こちらから解除してください。
https://

また「8」のつく日にお会いしましょう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
発行者:エムプランニング
海老原 政子(えびはら まさこ)

▽メルマガ登録はこちらから
https://

▽メールアドレスの変更はこちら
https://
※新旧アドレスをご用意ください。

※※当メールは、メルマガ登録者・セミナー・家計相談に申込(問合せ)いただいた方への継続フォローの一環としてお届けしております。


■無料メルマガ『稼ぎ力・やりくり力・貯蓄力がつくラクラク家計術』購読希望の方は
下記よりご登録ください。
※お預かりした個人情報は、メルマガ配信(号外含む)に使わせていただきます。

*お名前(姓・名)
*PCメールアドレス