【お客様の声】ほぼ退職を考えていました

プロフ画像こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原政子です。

今日「立春」は、気学においては新しい年がスタートする日です。

‟初心忘れるべからず”ではありませんが、同じ女性として、家計を預かる主婦として…キャリアと子育てのはざまで悩んでいる方のお役に立ちたい。そう思っています。

今日は、第2子出産後キャリアを中断したほうがいいか迷われていたご相談者から寄せられた感想をご紹介させていただきます。女性の活躍が声高に叫ばれて久しいですが、同じような悩みを抱えている女性はまだまだ多いと感じており、そうした方々にぜひ読んでほしいと思っています。

※お客様より掲載のお許しを得て公開しています

■お客様の声

ご相談のテーマ「第2子出産後の働き方と今後の家計」

先日はどうもありがとうございました。
…(中略)…
真摯に応じていただき、感謝しております。

ほぼ退職を考えていましたが、
海老原さまのアドバイスが発破ともなり、
「やるしかない」という気になりました(笑)

家族会議を再度開き、夫にも内容を話し、
彼にも改めるところは改めてもらい、より頑張ってもらう所存です。

我が家の歴史上?ではちょっとした分岐点になりそうです。

将来、こんなはずじゃなかった!

という後悔がないように考えていきたく思います。

本当にありがとうございました。 …(後略)…

久しぶりに届いたメールには、
その後も継続してお勤めされていること。
時短勤務にもかかわらず会社の方に認められ、昇給されたこと。
小さかったお子さんたちがこの春ご入園、ご入学されること。
などがつづられていました。

本当によかったと思います。

***

「はじめての方へ」でも少し書かせていただきましたが、私自身インテリアコーディネーターとして、妊娠するまでは深夜残業や出張当たり前のハードな現場仕事についており、店舗施工や住宅リフォームなどを行っていました。

当然ですが、妊娠して続けられる仕事ではなく、だからといって一時的な配置転換や時短勤務などまったく思いもよらず、安直に退職を選択してしまった苦い過去があります。

高齢出産後のママとしてのはじめての再就職活動では、職探しより先に、息子を安心して預けられる場所選びからスタート。思えば、家を建てるときに重要視したのが、子どもが病気になったときに預けられる”病児保育室”からの距離だったりもしました(苦笑)

「好きを仕事に♪」は今でもそうですが、そこに行き着くまでに、まぁ、紆余曲折あり……

結婚して子どもを産む前に、
子育てしながらずっと働ける職業や働く環境についてもっとよく考えていれば…

退職金や厚生年金etc.
女性のキャリアがその先のくらしに与える影響の大きさを知っていれば…

こうした後悔が、巡り巡って、いまの家計相談業務を通じてお客様のお役に立てている。
子育てとキャリアの分岐点に立たれた女性に寄り添いたい、自分の原点になっている。

あらためてそんなことを思った、たいへん有難い、うれしいお声でした。

>U様
この度は掲載のご快諾をいただき、本当にありがとうございました!
今後のさらなるご活躍をお祈りしております。
(おひとりさま時間が持てそうとのことで、いろいろ夢が膨らみますね!)

年間プラン無料ガイダンスのご案内【所要時間:30分】

短時間ですが、私自身を知っていただき、安心して「年間プラン(家計見守りプラン)」にお申込みいただくための無料ガイダンスです。
【対象:はじめてご利用の方】

直接お会いして話すことで、コラムなどでは感じられない、家計相談のイメージがわくため、安心納得していただけると思います。

■ ファイナンシャルプランナーってどんな人?
■ 今悩んでいることにアドバイスをしてくれそうか?
■ こんな漠然とした状態で相談してもいいの?
■ 安心して継続フォローを受けていけそうか?

こんな疑問がありましたら、無料ガイダンスにお越しください。
※毎月先着3組様限りで実施中※