将来の家計をどう予想する?/寄り添うアドバイスは難しい【ラクラク家計術】

プロフ画像こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原政子です。

メルマガバックナンバーをお届けします。

【7月8日号】=>メルマガは購読無料です。タイムリーにお読みになりたい方はぜひご登録を↓
◎メルマガ登録はこちらから◎ ※クリックすると登録フォームが開きます※

○○さん、こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの海老原です。

歴史的な豪雨に、昨夜の千葉東方沖の地震。
不安な週末となりましたが、いかがお過ごしでしょう。

私一人でできることはごく小さなことですが
今日も目の前のお客様に精一杯相対するのみ…
暑いですが頑張ります!

さて、7月最初のメルマガは
久しぶりのFP的、ド直球なテーマ、
<ライフプラン(マネープラン)>です!

少し前に、初めての家計相談で
お客様自身が「キャッシュフロー表」をつくられ
拝見する機会がありました。

キャッシュフロー表は「家計の未来予想図」
ライフイベント表は「夢の未来年表」

なんてことを、私、言っています^^

詳しく知りたい方は
まずこちらをお読みくださいね↓
http://mplan.info/archives/667

話を戻しますと、
最近はエクセルでサクッとキャッシュフロー表を作って
来室時にお持ちになるご相談者が珍しくないのです。

でも、
ちょっと腑に落ちない。
イメージがわかない。
なんだか不安・・・なご様子です。

■ある日の相談光景から

海老原:「すごいじゃないですか!」
相談者:「保険の方の資料を参考に作ったんですけど
なんか『これ、ホントかな?』って気がしていて・・・」

海老原:「あ、そうですね~。
たとえば○○のあたり年額支出、
これは△△も含まれていますか?」
相談者:「うーん、今見ると確かにこれだと足りないですよね」

海老原:「それと、気がかりなのが65歳以降の収入ですが
『ねんきん定期便』はご用意できなかったと
おっしゃっていましたが・・・
この収入額はどういう想定ですか?」

……

とまあ、こんな感じにすすめていくのですが
不安になる原因の一端がわかったのです。

■単なる数字では納得できない!
 リアルさを持たせるためには何が必要か

キャッシュフロー表は、単純に書くと
年間の家計収支
「手取り収入」
「生活支出(住居費/教育費は別立てにします)」
その差し引きである「資金残高」 をまとめた一覧表です。

その数字にリアリティーが持てないと
<不安><疑念>が沸き起こるようなんですね~。

それで、たとえば・・・

お子さんが二人いらっしゃったら
どんどん食べっぷりも良くなるし、
お出かけやお小遣いなんかも渡しますよね。

私だったら、「お子さんが巣立つ年までの生活費を
毎年●%ずつ上げていきますね」

まだお子さんが小さいので進路も暫定でいいんですよ。

「私立理系に自宅通学できるぐらいの援助をされたい?
そうであれば、こちらの数字に定期代ぐらいを加味して…」

(あれ?
学資保険のお祝い金はどこで足されているかな?)

「せっかく払い続けている学資保険のお祝い金、
一時的な収入欄を作ってこちらに反映しましょう!」

といった感じで、

★根拠となる数字の出し方や
キャッシュフロー表への反映方法

などをお伝えしていきます。

すると、段々とご相談者の顔が明るくなり
質問などのやりとりも活発になったりします。

■寄り添うアドバイスって難しい・・・

よーく考えたら、家計相談にお越しになるからには
今の家計にご不安や心配があるから。なんです!

将来の家計をどう予想するか。
これ、もっと難易度が上がっちゃってますよね。

<現状把握>のうえに
きちんと<将来予測>できないといけないわけですから。

魚を与えるのではなく
魚釣りの道具の用意の仕方、
釣りの技法を学んでほしいと思う私。

「ここまでやられているので、ご自身で修正されてみては?」
というご提案をしたのですが、答えは「NO!」

ご自身でやるよりはプロに頼んで安心したい。
家族と過ごすための時間に使いたい
というお考えでした。

結局、その時のご相談者から
キャッシュフローの手直しと
年間プランのご依頼もいただいたのですが

アドバイスの深度や
どこまで方向性を打ち出してもいいのか等
私自身もお客様に寄り添っていない点があったことに
気づかされました。まだまだですね (^^;

家計ってホント千差万別です。

収入の多寡だけでなく、
「こうしたい」「ああはなりたくない!」
お考えも様々ですからね~。

家計の現状把握だけでなく
ご夫婦の人となりに寄り添ったアドバイス
手取り足取り一緒になって
家計管理のスタイル作り上げていく喜び。

年間プランをリリースしたのは昨年のことですが
久しぶりに原点回帰した気分です。

ご参考までに、家計相談FP相談を
定期的に受けるメリットとプラン例を下記に↓
https://ameblo.jp/masaebi/entry-12188726428.html

家計の主役は、○○さん
「あなた」ですよーー!

でも伴走者が必要であれば
お気軽にお声かけくださいね。

◎ 相談室トピック ◎

私の相談料金は
千葉市内出張料金もコミコミです。

先日、
0歳児の赤ちゃんがいるご家庭で面談をしたのですが
初回で、ちょっと長くなってしまったため
途中授乳あり、抱っこタイムありで
なんだかママ友の家に遊びに行っている気分に(笑)

移動時間のこともあるので
こういう設定ってよろしくないのかもしれませんが
あらためて
「私はこれでいい!」と思いました。

家計も事業も正解はないので
こうした納得感があれば
決めていいんじゃないかな、と。(笑)

無料相談ガイダンスは、夏休みもやっています。
ただ、今日以降のお申込みは8月~で承ります。
ご了承願います。

「相談ガイダンスって何?」
という人は下記リンクをクリック↓↓
https://ameblo.jp/masaebi/entry-12328256162.html

ではまた次回配信をお楽しみに♪
海老原 政子

【バックナンバー】
http://mplan.info/archives/category/bknum

◎残念ながらメルマガが不要な方は
こちらから解除してください。
https://

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
発行者:エムプランニング
海老原 政子(えびはら まさこ)

※当メールは、メルマガ登録者・セミナー・家計相談に申込(問合せ)いただいた方への継続フォローの一環としてお届けしております。

■無料メルマガ『稼ぎ力・やりくり力・貯蓄力がつくラクラク家計術』
購読希望の方は下記よりご登録ください。
※お預かりした個人情報は、メルマガ配信(号外含む)に使わせていただきます。